トレンドアフィリエイト専用キーワード選定ライバルチェック効率化ツールのレビューをします

キーワードディスカバリーで超簡単ライバルチェックだぁ~!

kwd

トレンドサイトの記事更新をするときに、必ずライバルチェックをしますよね。

え?ライバルチェックしてないですか?
それだったらいつまでもアクセスを集めることはできませんよ。

ちゃんとライバルチェック欠かさずやってくださいね。
じゃないといつまでたってもトレンドサイトで月10万とか無理ですから。

でも、これが時間かかるんですよ。結構面倒くさい。

 

例えば「上戸彩 昼顔 衣装」で検索するとしますよね。
(いわゆる、トレンドサイトの芸能系記事を書く場合の例)

こんな感じで実際にキーワードを検索してみます。

 

2014-09-09_134714

 

ずらーっとサイトが表示されます。
ここで、上位表示されるサイトが、弱いサイトか強いサイトかを判断する必要があるのです。

強いサイトが上位をひしめいている場合は、
キーワードを使って記事更新をしても、上位表示されずに消えるでしょう。
つまり、せっかく書いた記事にアクセスが集まらずに散ってしまうということです。

 

でも、弱いサイトが上位表示されている場合は、
そのままキーワードを使って記事更新をした場合、
他のサイトをごぼう抜きにして、自分のサイトが上位表示される可能性が非常に高いです。

ここの判断を間違えてしまえば、何時まで経っても、100記事200記事更新しても
数百アクセスどまりで、永久に稼ぐことはできないでしょう。

 

じゃあ、どうやって強いサイトか弱いサイトかを判断するのか。
いくつかポイントがあり、その総合点で判断します。

 

  1. コンテンツボリューム
  2. ドメインエイジ
  3. 記事ボリュームと質
  4. サイトの充実具合
  5. サイトのクオリティ
  6. ドメインの種類

 

大きく分けてこの辺りですね。
トレンドサイトの場合は、ドメインの種類を中心に見てライバルチェックをします。

 

弱いドメインと強いドメインがあり、弱いドメインが上位に多く表示されていれば、ねらい目です。
そのキーワードを使って記事更新をすれば、うまくアクセスを集めることができるでしょう。

簡単です。特定のドメインが、上位に表示されているかを確認するのですから。

 

ただし、時間がかかります。これが面倒。
様々なキーワードの候補があがるため、何度もキーワードを検索してはライバルチェックをする。
狙い目キーワードを見つけるまで、遅い場合だと1時間以上かかってしまう場合があります。

 

本業があり、作業時間も限られた状態だと、ライバルチェックで1日終わってしまうことも珍しくありません。
なんとかこのライバルチェックをぱぱっとクリアしてさっさと記事更新を完了したいところです。

 

そこで、このキーワードディスカバリーが登場します。

 

実は、このキーワードディスカバリーツールを使用すると
たった10分で狙い目キーワードを見つけることができるのです。

しかも、特定ドメインを自動識別してくれるので、
面倒なチェックや考えたりする必要がありません。

あなたの作業は、ツールを起動し、調べたいキーワードをひとつ入力して、
あとは出力される100個以上のキーワードからねらい目キーワードを選ぶだけ。

 

・・・百聞は一見にしかず、ですね。
こちらの動画でさっそく確認してみましょう!10分どころか3分でできちゃってますね。笑

 

でも、正直な感想、
キーワードディスカバリーって本当に必要なの?別に無くても稼いでいる人いるよ?

そう感じる人もいるかもしれません。でも、今の悩みを解決しないままで
本当に数か月後に稼げるようになるとでも思っているんですか?

こちらの記事を読んで確認してください。

キーワードディスカバリーの機能って本当に必要なの?

 




windows版とMac版の両方OSに対応!



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

windows版ダウンロード

Mac版ダウンロード

管理人


ページ上部へ戻る