トレンドアフィリエイト専用キーワード選定ライバルチェック効率化ツールのレビューをします

キーワードディスカバリーでライバルチェックをする方法

MembershipPIc

さて、こちらの記事でキーワード選定の解説をしました。
キーワードを選定するときに必要となる考え方と導く方法。
こういった考えの元、キーワードを選定していかないと、
思うようにアクセスを集めることはできないでしょう。

なので、何度もこの記事を読んでキーワード選定の復習をしてください。

 

さて、キーワード選定が終われば、次にライバルチェックです。
ある程度ライバルサイトの様子を把握し、自分のサイトにアクセスが集まるかどうか
その見込を判断していくことも、アクセスアップのために必要な作業です。

 

なぜなら、せっかく選定したキーワードでも
ライバルがひしめいてるキーワードとなっていれば
作ったばかりのSEOパワーが弱いサイトは負けてしまうからです。

上位表示されない記事は、アクセスが集まりません。
なので、せっかく丁寧にキーワード選定をしてもアクセスが集まらないのです。

 

例えば、先ほどの記事で選定した「東京オリンピック 2020 仕事」のキーワードで
ライバルチェックをしてみましょうか。

 

2014-09-18_081614

 

どうでしょう。勝ち目があるサイトが一つしか表示されません。
キーワードディスカバリーは、勝ち目のあるライバルサイトを自動的に判別し、
僕たちにわかりやすいように、●マークで示してくれるのです。

しかし、このキーワードの場合だと、●マークがひとつしかありません。

 

ライバルチェックの判断基準として、●マークが最低3つ以上必要です。
もちろん、それ以下でも大丈夫ですが3つ以上になると、
そして●マークが増えれば増えるほど、アクセスは集まりやすくなります。

この場合、少し厳しいかなと想定し、別のキーワードをチェックしてみましょう。

 

オリンピック関連で調べていると、
「平昌オリンピック 中止」という気になるキーワードを見つけたので、ライバルチェックしてみました。

 

2014-09-18_082352

 

なんと、●マークが6つもついていますね。
先ほどと比べると、勝ち目のあるライバルサイトが多いということが一目でわかります。
なので、このキーワードを使えば、ある程度上位表示をすることが見込めるでしょう。

 

このように、選定したキーワードのライバルチェックをすることで
より効率よくアクセスを集めることができるのです。

意外とこの作業をしている人がものすごく少ないです。
まぁ、勝ち目のあるサイトの判断基準もなかなかつけるのも難しいですし、
ボウタイな知識量と経験がないと難しいです。

 

しかし、このキーワードディスカバリーでは、僕自身の知識量と経験を加味しているので
プロがキーワード選定をしているのと同じ状態で選定できるのです。

しかも、キーワードディスカバリーなら最短10分で選定できます。
ただぽちぽちとクリックを続けていけば、必ずブルーオーシャンキーワードを見つけられます。
それも、キーワードディスカバリーがなければ、膨大な時間がかかってしまうでしょう。

 

あなたもキーワードディスカバリーを活用して
プロアフィリエイターと同じ感覚で、キーワード選定をして
トレンドサイトに莫大なアクセスを集めて稼ぎましょう。

 

 

 




windows版とMac版の両方OSに対応!



関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

windows版ダウンロード

Mac版ダウンロード

管理人


ページ上部へ戻る